こどもの日とは??由来を簡単に解説!

こんにちは!!にこにこです!!

 

・もうすぐ『こどもの日』だけど、どんな意味があるのかな?
・『端午の節句』とはどう違うの?

 

 

こんな悩みを解決します。

 

『こどもの日』と聞くと、「あぁ、こどもたちのお祝いの日だよな」と何となくで終わりませんか?祝日には、それぞれちゃんと意味や由来があります。この記事で紹介する『こどもの日の由来』を読むことで、しっかりと理解できますよ。

 

実際に私も、ちゃんとした意味や由来を知りませんでしたが、今ではちゃんと理解して、お祝い事を迎えることができています。こいのぼりを飾る理由もちゃんと理解できましたよ(今まで知りませんでした…)

 

 

この記事を読むと…
・こどもの日について理解できる
・飾り物や各種行事について理解できる

 

 

それでは、早速いってみましょう!

 

 

こどもの日とは?

 

『こどもの日』とはどのような日なのでしょうか?以下の通りです。

 

こどもの日とは、日本における国民の祝日の一つで、端午の節句である5月5日に制定されています。

 

祝日法2条によれば、『こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する』ことが趣旨のようです。

 

1948年7月20日の祝日法の公布および即日施行により制定。ゴールデンウィークを構成する日の一つとなっています。

 

こどもの日は、母へ感謝する日でもありますね。次に『端午の節句』についてです。

 

端午の節句とは?

 

では、『端午の節句』とはどのようなものでしょうか?

 

端午は五節句の一つ。端午の節句、菖蒲の節句とも呼ばれます。日本では端午の節句に男子の健やかな成長を祈願し各種の行事を行います。

 

旧暦では、『牛の月』というのは5月にあたります。5月の最初の『牛の日』を節句として祝っていましたが、後になって、5が重なる5月5日が『端午の節句』の日になったと言われています。

 

『端』(はし)は「始め・最初」という意味があります。『端午』は”5月の最初の牛の日”を意味していましたが、「牛」と「五」が同じ発音であったことから5月5日に変わったという説もあります。

 

こう見ると、『こどもの日』と『端午の節句』は、全く別物ですね。違いがわからないという人も多いと思いますが、これで理解できたのではないでしょうか。

 

端午の節句にする各種行事

 

こどもの日(端午の節句)には、各種行事があります。

<飾り物>
・こいのぼり
・兜や鎧
<食べ物>
・柏餅、ちまき

これらの意味について、簡単に説明します。

 

こいのぼり

 

徳川時代、端午の節句に『鯉の吹流し』を立て、男の子の前途を祝うようになったようです。鯉はもともと威勢

のいい魚で、昔から『鯉の滝上り』などと伝えられ、こどもが元気に育つようにという親の願いが『こいのぼ

り』に込められています。

 

鎧や兜

 

硬くて重い鎧や兜は、武士が戦の時に身に着け、命を守る必要不可欠な道具です。

『命(身体)を守る』という意味で、これから生きていく中で、男の子に降りかかる災いや厄から身を守り、それらが代わりになってくれるようにという願いから、飾られるようになりました。

武将人形や、桃太郎、金太郎などの五月人形も飾られますよね?これは、その人物のように、たくましい人間として育ってほしいという願いも込められているようです。

 

柏餅・ちまき

 

柏餅は、日本独自の習わしのようです。なぜ柏餅なのかというと、柏の葉は新芽が出るまで古い葉が落ちない性質があるようです。そのことから『子が生まれるまで親が死なない』といわれ、子孫繁栄が続く縁起の良いものとされるようになり、柏餅が食べられるようになりました。

地方によっては、ちまきを食べる風習もあります。ちまきは、中国の戦国時代の英雄にちなんだものみたいです。ある国の将来を心配して王を説得したものの受け入れられず、その英雄は入水したとされています。哀れんだ人々がその英雄の命日である『5月5日』に笹の葉に米を巻いて川に投げ込む様になったことが、ちまきの始まりとされています。

それが、日本にも伝わり、5月5日にちまきを食べる風習ができたところもあるようです。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか??

 

こどもの日や端午の節句の意味や由来が、理解できたのではないでしょうか。それぞれにはちゃんとした意味があり、昔から現在に至るまで受け継がれてきています。

 

しかし、最近は、こどもの日にこのような行事をする家庭が、少なくなってきていると感じます。時代の変化やこどもが減ってきていることも関係していると思いますが、こういった風習がなくなってしまうことは、少し悲しく思います。

 

人と人との繋がりが薄くなってしまっている現代だからこそ、こういった風習は大切にしていきたいですね。

気になる方はチェック!